須賀川市卓球協会紹介ページ

 平成25年に60周年を迎えた須賀川市卓球協会。2月には記念式典を実施し,50周年から10年間のあゆみとして「60周年記念小誌」を発行しました。また60周年記念事業として,平成24年8月に須賀川市で開催された「東北中学校卓球大会」のために,メイン会場の須賀川アリーナと練習会場の西袋中学校にニッタクの最新テーブルを2台ずつ寄贈しています。

 本会で主催する大会は,5月「牡丹祭卓球大会」10月「須賀川市民体育祭卓球競技」3月「平石・横山杯卓球選手権大会(旧高久田・井上杯)」の3つとなっています。また年に6~10回程度,須賀川・岩瀬管内の小中学生の競技力向上を目的とした「須賀川市卓球協会選抜強化リーグ大会」を実施しています。すでに20年以上継続されており,担当者も現在4代目,200回以上の歴史があります。市強化リーグ大会については上のリンクから詳細をご覧ください。

令和3年度須賀川市卓球協会総会は中止といたします

 例年2月初旬に開催しております須賀川市卓球協会総会ですが,現在の感染拡大状況を踏まえ,会員の皆様の安全を第一に考えたうえで今年度は中止といたします。令和2年から3年にかけての須賀川市卓球協会主催大会(牡丹祭卓球大会,須賀川市民体育祭,平石・横山杯卓球選手権大会)がすべて中止となり,総会で協議いただくべき特段の事業報告もなく,会計関係も大きな動きはございません。また令和3年度の事業計画や予算案についても,現在の社会状況では確実なご提示は難しいと考えます。須賀川市卓球協会としての今後の大まかな計画がお知らせできる状況になりましたら,会員の皆様には後日,郵送にて関係文書をお送りしてご承認いただく予定ですので,今しばらくお待ちください。

須賀川市卓球協会創立60周年記念小誌
ファイルサイズが大きいのでご注意ください。
60周年記念小誌.pdf
PDFファイル 5.4 MB

松下浩二卓球教室開催
 平成25年11月30日(土)須賀川アリーナにて,松下浩二卓球教室が開催されました。当日午後からのオリンピックデーフェスタin須賀川に先立って行われたこのイベントは,「せっかくなら卓球教室を」というヤマト卓球社長松下浩二氏のご厚意により実現したものです。須賀川市卓球協会としては,参加者の取りまとめや会場準備等のお手伝いをさせていただきました。当日は約100名の須賀川・岩瀬管内の小中学生が,短時間ながらも一人ひとり松下氏から直接ご指導をいただく時間を取っていただきました。松下氏をはじめ,ご尽力いただいたJOC・ヤマト卓球・須賀川市教育委員会文化スポーツ課の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

全日本クラブ選手権に市協会関係は2チーム出場
 平成25年9月13~16日に福島市国体記念体育館で開催された全日本クラブ選手権。須賀川市卓球協会員の所属するチームが,男子2部に2チーム出場しました。市卓球協会理事長が監督を務めるN・E・Oは残念ながら予選敗退となりましたが,もう1チーム,本会会員が監督を務めるGLORYは見事準優勝! ノーシードからの準優勝はたいへんすばらしい結果です。おめでとうございます。また,N・E・O,GLORY両チームのメンバーの皆様には,小中学生の部に出場した須賀川スポ少のメンバーが,直前の練習(日ごろの練習も)でたいへんお世話になりました。ありがとうございました。